So-net無料ブログ作成

血涙(上)(下) [本・雑誌]

楊家将の続編。

前作があまりにも面白かったのでハードカバーながら購入。

とてもじゃないが文庫まで待てなかった。

楊家の話だけど、どうも白狼ことヤリツキュウカが主人公でもいいような。

というか誰が主人公でも話は進むよね。

不敗と讃えられながら味方の裏切りによって無残に散った楊業。

今回はその子の六郎、七郎、九妹の楊家の残された人々。

そして白狼と記憶喪失の宋からの降将の石幻果(前作を読んでりゃ誰だか分かるけど)ら遼。

両者の戦いなんだけど両者とも戦いあっての人々。

両方の国に戦いがいらなくなった時さてどうなるでしょう。

まあ、センエンの盟に至るまでのお話。

血涙〈上〉―新楊家将

血涙〈上〉―新楊家将

  • 作者: 北方 謙三
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 単行本
 
血涙〈下〉―新楊家将

血涙〈下〉―新楊家将

  • 作者: 北方 謙三
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。